【ExcelVBA】セルの更新処理を速度アップ2

ExcelVBAでの更新速度Up手法ぱぁと2。

マクロ処理中は、Excelの画面更新を抑止して、処理が終わった時点でExcel更新処理を有効にする手法。

こちらの方が、メジャーというか一般的に利用されることが多いかもしれない。

【使い方】
Application.ScreenUpdating = False     ' 画面更新を抑止
    ・
  (マクロ処理)
    ・
Application.ScreenUpdating = True      ' 画面更新を再開

こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です