【Python】Python ProgramのExe Fileを作成する

Pythonで作成したProgramは、Text形式なので、もちろんそのまま配布することが可能だ。
しかし、そのままでは、プログラムを配布先で実行するには、実行PCにPythonをインストールする必要がある。
しかもソースファイルそのものを配布する必要があるので、ロジックなどを隠しておくことはできない。

whlなどのインストールファイルにして配布する方法もあるが、もちろんこれは単に圧縮しているだけなので、解凍してしまえばその中身は当然見えてしまう。

通常、Windowsなどのアプリケーションは、実行可能なExeファイルで配布されており、Binaryファイルなので、その処理内容を見ることはできない。

というわけで、PythonのProgramから、実行可能なExeファイルを作成する方法を解説する。

【必要なもの】
・pyinstaller
【ビルド方法】
pyinstaller source.py

これだけで、exeファイルが作成される。

標準出力を使用するProgramならこのままでも良いが、GUI Programの場合は、標準出力のウインドウが邪魔な場合がある。このウインドウを抑止するためには「-w」をオプション指定すれば良い。

また、このままでは、exe以外にもいくつかFileが作成されるなどがあるので、以下のようなオプション指定でビルドすることをオススメする。

【ビルド方法】
pyinstaller source.py -D -F -w --clean

他にもオプションはいろいろあるので、自分の環境にあったオプション指定を探してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です