【映画】ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編 MX4D版

評価:★3.5

「物足りない内容」「MX4Dの楽しさを味わう」「目が怖い」

戦車道が乙女のたしなみという世界で、女子高生が戦車に乗り込み、仲間と共に優勝を目指すという異色アニメの総集編。
この作品は、TVシリーズのシーンを総集編としてまとめたセルビデオを劇場で公開している。

通常のスクリーンでは観るつもりは無かったが、MX4Dで上映されるということで観に行った。

この作品は戦車の描写がマニアックでかなり精密に表現されていることで有名だったが、大きなスクリーンで観るとさらにその作り込みが楽しめた。しかし、総集編だけあって、TVシリーズを見た自分からすると、その内容についてはやはり物足りなさを感じずにはいられなかった。

今回は、MX4D版の上映ということで、戦車というモチーフだけにその震動や音響などさまざまな面でMX4D向きな作品ではあるが、あまりにも激しすぎて、椅子から押し出されそうになった作品は初めて。
MX4Dで公開される作品はかなり増えてきてはいるが、内容以上にMX4Dの楽しさを実感できる作品だった。

ビデオでは味わえない臨場感をMX4D版で味わって欲しい。

蛇足だが、この作品のキャラクターは瞳の縁に特徴があって、ちょっと太めで角張った目の縁をしているのだが、これを大きなスクリーン、しかも前の方の席で観ると、その太さが際立って、ちょっと怖いと思ってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です