【映画】マニカルニカ ジャンシーの女王

評価:★3.5

「スペクタクル作品」「強すぎる女傑」「血まみれの戦い」

インド映画の中でもスケールの大きいスペクタクル作品。

1950年代、英国支配が蔓延しているインドの独立抗争で活躍した女傑ラクシュミー・バーイーの物語

群衆の戦闘シーンなどは迫力があるがが、細かい動きや殺陣についてはもうちょっとという感じ。

近年のインド映画でもCGやVFXのクォリティーはかなり上がっているので、大きいスクリーンでの見応えは充分。

ただ、血しぶきばんばんなので、苦手な人はご注意をw

ホームページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です